第32回学会大会 ー2002年ー(大分大学)

□基調講演

『障害者スポーツからのメッセージ~太陽の家37年の歩みを通して~』
吉永 栄治(社会福祉法人太陽の家事務局長)

□シンポジウム

『障害者スポーツからのメッセージ』

  • コーディネーター
    古城 建一(大分大学)
  • パネリスト
    1.障害者スポーツからのメッセージ~施設から地域へ、太陽の家の挑戦~
    堀川 裕二(社会福祉法人太陽の家)
    2.障害児者と健常者の「スポーツ統合」の可能性
    綿  祐二(長崎国際大学)
    3.知的障害者と大学生との合同ダンス練習会について
    麻生 和江(大分大学)

□ワークショップ

  1. セラピューティック・レクリエーション専門分科会
    「それぞれの専門領域からスポーツをどう捉えるか」
    鈴木 秀雄(関東学院大学)
    中村 太郎(医療法人恵愛会大分中村病院)
  2. 景観・造園・環境
    「地域のアウトドア・レクリエーションと資源空間の管理」
    麻生  恵(東京農業大学)
    田中 伸彦(独立行政法人森林総合研究所)
    栗田 和弥(東京農業大学)
    上野 裕治((有)ハイランドパーク)
  3. レジャー・レクリエーション産業
    「世界杯的蹴球回想~ビジネスとライフスタイルに新しい胎動を探る~」
    嵯峨  寿(筑波大学)
    石川 宣治(日本オリンピック委員会)
    犬塚潤一郎(リベラルアーツ研究所)
    梅澤 佳子(湘南国際女子短期大学)
    加藤  優(埼玉県立大学)