第33回学会大会 ー2003年ー(東北福祉大学)

□大会テーマ

『世代間交流と地域文化』

□基調講演

『レジャー・レクリエーションと地域文化』
大村 虔一(宮城大学副学長)

□シンポジウム

『世代間交流にみる諸活動』

  • コーディネーター
    仲野 隆志(仙台大学)
  • パネリスト
    1.行政の立場から
    鳴海  渉(仙台市泉区副区長)
    2.仙台・青葉まつり(すずめ踊り)における地域文化と世代間交流の立場から
    平賀 ノブ(BRIDAL PLANNER STAGE 代表取締役、青葉踊り部会長)
    3.英国のレジャー・レクリエーション政策研究の立場から
    寺島 善一(明治大学)

□ワークショップ

  1. セラピューティック・レクリエーション専門分科会
    「新しい概念領域としてのセラピューティックレクリエーションに既存の内容や活動はどう位置づけられるのか」
    鈴木 秀雄(関東学院大学)
    石井  允(立教大学)
    片桐 義晴((社福)新宿区障害者福祉協会)
  2. 景観・造園・環境
    「地域のアウトドア・レクリエーションと資源空間の管理」
    麻生  恵(東京農業大学)
    荒井  歩(東京農業大学)
    栗田 和弥(東京農業大学)
  3. レジャー・レクリエーション産業
    「東京ディスニーランドの成功から見えてくるもの・学べること」
    嵯峨  寿(筑波大学)
    上澤  昇(オリエンタルランド)
    粟田 房穂(宮城大学)
    犬塚潤一郎(実践女子大学)
    坂田 信久(国士舘大学)