学会賞規定

(目的)

第1条  日本レジャー・レクリエーション学会(以下「本会」という。)は、会員の優れた活動を顕彰かつ奨励することを目的として日本レジャー・レクリエーション学会賞を設ける。

(日本レジャー・レクリエーション学会賞)

第2条 日本レジャー・レクリエーション学会賞(以下「本賞」という)は、次の4賞を設ける。
(1) 学会賞
(2) 研究奨励賞 -論文部門、一般発表部門、ポスター発表部門-
(3) 支援実践奨励賞
(4) 貢献賞

(学会賞)

第3条 「学会賞」は、正会員によって選考の当年度を含まない過去3年度以内に発表された学会誌「レジャー・レクリエーション研究」およびその他のレジャー・レクリエーション研究に関する学術誌、著書、論文を対象として顕著な功績があったものに対して授与することができる。

(研究奨励賞-論文部門、一般発表部門、ポスター発表部門-)

第4条 「研究奨励賞-論文部門、一般発表部門-」は、正会員である大学院生等の学生を対象に、その前年度(審査該当年度)に筆頭著者として発表された学会誌「レジャー・レクリエーション研究」の論文の中から「研究奨励賞-論文部門-」を、また、学会大会において筆頭著者として発表された一般研究発表(口頭)の中から「研究奨励賞-一般発表部門-」を授与することができる。さらに、学会大会において学生(大学院生、大学生、短期大学生、専門学校生等)が筆頭著者として発表したポスター発表の中から「研究奨励賞-ポスター発表部門-」を授与することができる。

(支援実践奨励賞)

第5条 「支援実践奨励賞」は、正会員の優れたレジャー・レクリエーション支援実践に対して授与することができる。

(貢献賞)

第6条 「貢献賞」は、長年にわたり本会運営ならびに本会に対して優れた功績が認められた者あるいは団体に対して授与することができる。

(表彰)

第7条 「学会賞」「研究奨励賞-論文部門、一般発表部門、ポスター発表部門-」「支援実践奨励賞」「貢献賞」の各賞は学会大会において賞状を授与する。

(選考)

第8条 「学会賞」「研究奨励賞-論文部門、一般発表部門-」「支援実践奨励賞」は、選考委員会において審議し、理事会の議を経て総会に報告する。「研究奨励賞-ポスター発表部門-」は、選考委員会において審議し、会長、理事長の承認を得て総会に報告する。また「貢献賞」は理事会において審議、決定し、総会に報告する。

(選考委員会)

第9条 選考委員会の構成、委員選考の方法は別に定める。

(規程の改廃等)

第10条 その他、本規程に定められていない事項に関しては、理事会において審議し、総会の議を経て決定する。
附則  この規程は平成20年4月1日から施行する。
附則  この規程は、平成23年11月18日より一部改訂する。
附則  この規程は、平成25年11月10日より一部改訂する。

日本レジャー・レクリエーション学会賞選考内規

(選考委員会)

1.本会に日本レジャー・レクリエーション学会賞選考委員会(以下「選考委員会」とする。)を設ける。
2.選考委員会の委員は、理事会において推薦された候補者の中から5名以上~10名以内を会長が任命する。委員の任期は3年とする。
3.選考委員会は、互選により委員長を選出する。
4.選考委員会は、「学会賞」「研究奨励賞-論文部門-」「研究奨励賞-一般発表部門-」「研究奨励賞-ポスター発表部門-」「支援実践奨励賞」について選考するものとする。なお、「貢献賞」については、理事会において選考するものとする。

(「学会賞」)

5.「学会賞」は、正会員によって選考の当年度を含まない過去3年度以内に発表された学会誌「レジャー・レクリエーション研究」およびその他のレジャー・レクリエーション研究に関する学術誌、著書、論文を対象として顕著な功績があったものとする。ただし、「レジャー・レクリエーション研究」以外の業績に関しては、本会の正会員の資格を有し、筆頭著者(ファースト・オーサー)のものに限る。

(「研究奨励賞-論文部門-」)

6.「研究奨励賞-論文部門-」の対象は、その前年度(審査該当年度)に発行された「レジャー・レクリエーション研究」の掲載論文とする。

(「研究奨励賞-一般発表部門-」)

7.「研究奨励賞-一般発表部門-」の対象は、その前年度(審査該当年度)の学会大会において発表された一般研究発表(口頭)とする。

(「研究奨励賞-ポスター発表部門-」)

8.「研究奨励賞-ポスター発表部門-」の対象は、その年度の学会大会において発表されたポスター発表とする。

(「支援実践奨励賞」)

9.「支援実践奨励賞」は、正会員によるレジャー・レクリエーション支援実践において顕著に優れた功績が認められたものを対象とする。ただし団体での活動については、その団体で中心的な役割を果たしているものに限る。

(選考手順)

10.会長及び理事は、「学会賞」「研究奨励賞-論文部門-」「研究奨励賞-一般発表部門-」については各1篇を、「支援実践奨励賞」については1名を推薦することができる。

11.本会正会員は、所属機関が異なる2名以上の連名により、「学会賞」「研究奨励賞-論文部門-」「研究奨励賞-一般発表部門-」については各1篇を、「支援実践奨励賞」については1名を推薦することができる。

12.「学会賞」「研究奨励賞-論文部門-」「研究奨励賞-一般発表部門-」「支援実践奨励賞」の推薦にあたっては、1篇あるいは1名につき1通の推薦書を添付して、毎年7月末日迄に封書にて事務局宛に提出するものとする。

13.推薦書については、下記の項目を記入することとし、未記入項目がある場合は無効とする。
(1)   推薦する該当賞の呼称
(2)   推薦書の提出期日
(3)   候補者(賞を受ける者)および所属機関
(4)   推薦者(直筆署名、捺印のこと)および所属機関。連名の場合は全員の分とする
(5)   推薦者の連絡先。連名の場合は代表者とする
(6)   「学会賞」「研究奨励賞-論文部門-」「研究奨励賞-一般発表部門-」については推薦する題目名:記載方法は「『レジャー・レクリエーション研究』原稿作成要領」(平成15年2月8日制定の2-(1)-3)-⑫)を参考にすること
(7)   「支援実践奨励賞」については推薦する主な支援実践内容
(8)   推薦理由:400字程度

14.推薦する際、「学会賞」「研究奨励賞-論文部門-」「研究奨励賞-一般発表部門-」については現物あるいはコピー13部を添付するものとし、「支援実践奨励賞」については支援実践を証明する資料の現物あるいはコピー13部を添付するものとする。

15.選考委員会は、推薦された「学会賞」「研究奨励賞-論文部門-」「研究奨励賞-一般発表部門-」「支援実践奨励賞」の候補について審議、決定し、理事会の議を経て総会に報告する。

16.「研究奨励賞-ポスター発表部門-」については、日本レジャー・レクリエーション学会大会時に複数名の学会賞選考委員が採点者となり、次に定める採点方法に基づいた審査を行う。
(1)5つの審査項目(研究内容、研究の独創性、研究の将来性、プレゼンテーション能力、キャッチ能力)で審査し、5点満点(5:秀逸、4:優秀、3:良好、2:可、1:不良、F:判定不能)で審査する。
(2)審査員は、ポスター発表のコアタイム(質問時間)に審査対象となっているポスター発表を審査する。
(3)1発表に対し、2名の審査員で評価する。
(4)2名の審査員の合計値で上位2名を選出する。
(5)1位を会長賞、2位を理事長賞とする。
(6)同点者が出た場合は、理事長賞を同点者数分表彰する。

17.選考委員会は、「研究奨励賞-ポスター発表部門-」の候補について審議し、会長、理事長の承認を経て総会に報告する。

18.「貢献賞」については理事会において審議、決定し、総会に報告する。

(その他)

19.その他、本内規に定められていない事項に関しては、理事会において審議、決定し、総会に報告する。

附則  この規程は平成20年4月1日から施行する。
附則  この規程は、平成23年11月18日より一部改訂する。
附則  この規程は、平成25年11月10日より一部改訂する。

学会賞規定・選考内規のダウンロードはこちらから>>学会賞・規程および内規(最新版:2013.11.10改訂)