学会大会詳細

🗄 履歴へ

第13回大会 (1983年)

会期1983年10月30日
会場北浜労働センター

講演

講演1

演者ウィリアム・E・ニーポス
演題アメリカにおける野外教育・野外レクリエーションの現状

シンポジウム

現代社会におけるレクリエーション概念の再検討〜我が国のレクリエーション研究史からの問いかけ〜

演者1薗田 碩哉 (日本レクリエーション協会)
演者2仲村 要 (同志社大学)
演者3影山 健 (愛知教育大学)
演者4西野 仁 (東海大学)
コーディネーター1小田切 毅一 (奈良女子大学)

わが国におけるレクリエーション学の体系化に関する研究(4)レクリエーション資源、レクリエーション空間を中心として

演者1鈴木 忠義 (東京農業大学)
演者2杉尾 邦江 (ブレック研究所)
演者3涌井 史郎 (石勝エクステリア)
演者4前田 豪 (ラック計画研究所)
演者5進士 五十八 (東京農業大学)

わが国におけるレクリエーション学の体系化に関する研究(5)レクリエーション行動、レクリエーション指導を中心として

演者1今村 浩明 (千葉大学)
演者2大堀 孝雄 (東海大学)
演者3千葉 和夫 (日本レクリエーション協会)
演者4松原 洋三 (立教大学)

わが国におけるレクリエーション学の体系化に関する研究(6)レクリエーション学教育を中心として

演者1藤本 祐次郎 (日本体育大学)
演者2高橋 和敏 (東海大学)
演者3田中 祥子 (津田塾大学)
演者4松浦 三代子 (東京女子体育大学)

わが国におけるレクリエーション学の体系化に関する研究(7)レクリエーション政策を中心として

演者1小林 秀夫 (長岡市レクリエーション課元課長 現広報課長)
演者2半田 真理子 (経済企画庁国民生活政策課 課長補佐)
演者3長田 山畏玖郎 (東京生活文化局観光レクリエーション課 課長)
演者4今井 毅 (日本体育大学)

研究発表

発表数一般発表数:29件

: JSLRS